アベイラビリティ・ペイメント、普及の条件

日経クロステック掲載記事から

日経クロステックの「福島隆則のインフラビジネストレンド」に、弊社共同代表・平島寛の対談記事が掲載されました。国内で導入気運が高まるアベイラビリティ・ペイメント方式(指標連動方式)の仕組みや課題について解説しています。記事は、日経クロステックのウェブサイト(下記)でご覧ください。

 

前編 民間による運営や維持管理を可視化、アベイラビリティ・ペイメント

後編 アベイラビリティ・ペイメント、普及の条件

 

InfraBiz
関連記事
アベイラビリティ・ペイメントに有効な3指標、修復猶予時間・異状発見率・閉鎖時間
指標連動方式(アベイラビリティ・ペイメント)ガイドライン案、内閣府PFI推進委員会
指標連動方式(アベイラビリティ・ペイメント)と成果連動型方式(PFS)の相違
アベイラビリティ・ペイメントの試算から見えること
アベイラビリティ・ペイメント方式の特徴と課題
関連サイト
民間による運営や維持管理を可視化、アベイラビリティ・ペイメント
アベイラビリティ・ペイメント、普及の条件
タイトルとURLをコピーしました