ファンド/ファイナンス

グリーン/エネルギー

非FIT太陽光発電所を投資対象とするファンド組成、PHOTON CAPITAL

PHOTON CAPITAL合同会社は、非FIT(固定価格買取制度)の太陽光発電所を主な投資対象とするファンドを組成したと発表した。 対象とするのは、国内の開発段階または稼働中の太陽光発電事業だ。FIT期間が順次、終了していくことこと...
グリーン/エネルギー

インフラ・グリーン・デジタル投資 2021年8月

「インフラ・グリーン・デジタル投資動向」は、マーケットの動きを理解するための月次レポートです。政策/市場展望、グリーン/エネルギー、PPP/PFI/コンセッション、デジタル/スマートシティ、ファンド/ファイナンス、経営/戦略、海外――といっ...
グリーン/エネルギー

分散型電源も投資対象にする再エネファンド組成へ、三菱UFJ銀行など9社が新会社

三菱UFJ銀行など9社は、再生可能エネルギーファンドを組成して運営する「Zエナジー」を9月1日に設立した。投資対象は太陽光発電、風力発電のほか、将来的には水素発電、VPP(仮想発電所)、分散型電源などを想定している。再エネ電力の「つくる」「...
グリーン/エネルギー

水素関連の実証研究に3800億円、グリーンイノベーション基金の支援

新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)は2021年8月、総額2兆円のグリーンイノベーション基金の第一号案件として、水素に関する11テーマの実証研究事業を選定した(下記図表)。本事業を通じて、水素サプライチェーンの構築を見通す技術の確立...
PPP/PFI/コンセッション

脚光浴びるアセットリサイクリング、既存インフラから新規インフラへ資金を循環

米上院が可決した総額約1兆ドル(110兆円)のインフラ投資法案。6月にバイデン政権が公表した計画には、財源の一つとして「アセットリサイクリング」が盛り込まれ、これに複数の米メディアが反応した。ブルームバーグは「投資家が待ち望んできた」と伝え...
グリーン/エネルギー

インフラ・グリーン・デジタル投資 2021年7月

「インフラ・グリーン・デジタル投資動向」は、マーケットの動きを理解するための月次レポートです。政策/市場展望、グリーン/エネルギー、PPP/PFI/コンセッション、デジタル/スマートシティ、ファンド/ファイナンス、経営/戦略、海外――といっ...
ファンド/ファイナンス

豪州シドニー空港に1兆8000億円の買収提案、IFM Investorsコンソーシアム

豪州のシドニー空港を運営するSydney Airportが、インフラ投資ファンドのコンソーシアムからSydney Airportの全ステープル証券(株式)に対して、1株当たり8.25豪ドルの買収提案を受けていることが明らかになった。発行株式...
ファンド/ファイナンス

GPIFのインフラ資産7362億円に、IRR3.86%

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)のインフラ資産の時価総額が7362億円になった。空港など一部の交通セクターで資産価値が減少したものの、その他のセクターの上昇や為替の変動により、インフラ資産全体では前年同期比で1911億円増加した。...
グリーン/エネルギー

インフラ・グリーン・デジタル投資 2021年6月

「インフラ・グリーン・デジタル投資動向」は、マーケットの動きを理解するための月次レポートです。政策/市場展望、グリーン/エネルギー、PPP/PFI/コンセッション、デジタル/スマートシティ、ファンド/ファイナンス、経営/戦略、海外――といっ...
PPP/PFI/コンセッション

揺れる韓国の高速道路、コンセッション事業のリストラも

韓国の代表的なインフラファンド Macquarie Korea Infrastructure Fund(MKIF)は、PPI法(The Act on Private Participation in Infrastructure)で定義され...
タイトルとURLをコピーしました