おすすめ

PPP/PFI/コンセッション

指標連動方式(アベイラビリティ・ペイメント)ガイドライン案、内閣府PFI推進委員会

内閣府の民間資金等活用事業推進委員会(PFI推進委員会)で2022年3月末、「指標連動方式の基本的考え方(ガイドライン)」(案)が示された。ガイドラインは、サービス購入型PFIや包括的民間委託など、サービス対価が支払われる事業を対象に、委託...
グリーン/エネルギー

調査レポート 「海外インフラ企業18社の最新動向(2022年版)」

総合インフラサービス、グリーン/エネルギー(再生可能エネルギー)、デジタルインフラを事業領域とする海外の主要インフラ企業の取り組みや実績(2021年決算)を集約した調査レポート「海外インフラ企業18社の最新動向(2022年版)」を発行しまし...
グリーン/エネルギー

洋上風力発電の進捗状況(更新5)――秋田県八峰町及び能代市沖で公募見直し、北海道沖・いすみ市沖・唐津市沖で新規計画

国内の洋上風力発電事業における「各海域の進捗状況と計画・実施事業の発電容量」の図表について、下記の内容を追加し、「更新5」として整理した。 再エネ海域利用法に基づいて事業者公募中だった「秋田県八峰町及び能代市沖」の事業について、経...
グリーン/エネルギー

地方創生に資する金融取組事例に笹川小水力など、内閣府

内閣府はこのほど、2021年度の「地方創生に資する金融機関等の特徴的な取組事例」を公表した。選定された31事例には、いくつかのインフラ投資事例が含まれている。その一つが、すみれ地域信託(岐阜県高山市)が手掛けた、売電収入で集落の水道設備を刷...
グリーン/エネルギー

舗装型太陽光発電を推進すべき、再エネ規制総点検タスクフォース

内閣府の「再生可能エネルギー等に関する規制等の総点検タスクフォース」は2月21日、道路における再生可能エネルギー導入拡大を実現するために、国が旗を振って舗装型太陽光発電を推進すべきだと提言した。 この日の会合は、道路や都市公園での再エ...
経営/戦略

売上高6兆4000億円で過去最高、フランスVINCIの2021年決算

フランスの総合インフラサービス事業会社VINCIの2021年売上高は494億ユーロ(6兆4000億円、2020年比14%増、2019年比3%増)。新型コロナ感染症(COVID-19)パンデミック前の2019年の売上高を上回り、過去最高となっ...
グリーン/エネルギー

石狩市厚田マイクログリッドコンセッション、優先交渉権者に高砂熱学工業

北海道石狩市(人口約5万8000人)は1月25日、コンセッション方式を導入する「石狩市厚田マイクログリッドシステム運営事業」の優先交渉権者に高砂熱学工業を選んだ。公募型プロポーザル方式で実施し、1社だけが応募した。契約締結後、2022年4月...
グリーン/エネルギー

蓄電池設備や水素ステーションも投資対象とする官民ファンド、運営者にLooop

東京都は「サステナブルエネルギーファンド」の事業運営者にLooop(ループ、東京都台東区)を選んだ。新設の再生可能エネルギー発電所のほかに、クリーンエネルギー拠点や関連事業を投資対象としたことが、この官民ファンドの見どころだ。日本国内の施設...
グリーン/エネルギー

風力発電設備など38件の事故原因と再発防止策、経産省WGまとめ

風力発電や太陽光発電など、新エネルギー発電設備の事故原因究明や再発防止策を検討する経済産業省のワーキンググループ(新エネルギー発電設備事故対応・構造強度WG)は1月12日、8年間に起きた38件の集計結果を報告した。WGの審議の対象となった事...
グリーン/エネルギー

洋上風力で”圧勝”の三菱商事、収益確保からエグジットの候補先まで周到な戦略

洋上風力発電事業の公募競争を圧勝で制した三菱商事グループ。再エネ海域利用法に基づく促進区域である「秋田県能代市、三種町及び男鹿市沖」、「秋田県由利本荘市沖」、「千葉県銚子市沖」の事業者に、三菱商事エナジーソリューションズ(旧三菱商事パワー)...
タイトルとURLをコピーしました