ファンド/ファイナンス

ファンド/ファイナンス

2021年のインフラ投資はポジティブに推移、収益の安定性を評価

2020年の世界のインフラ投資は、コロナ感染症拡大の影響を受けたものの、実物資産の安定した収益性が改めて評価され、全般的に堅調に推移した。2021年以降は、コロナ禍で落ち込んだ経済の再生やカーボンニュートラルのための再生可能エネルギー拡大などが刺激となり、ポジティブに推移するとの見方が強い。
グリーン/エネルギー

カナディアン投資法人が太陽光2物件取得し800億円規模に、日出町第二は1MWあたり5.2億円

カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人は3月8日、太陽光発電所2物件を取得する。資産総額は取得価格ベースで800億円に達し、上場インフラ7銘柄で最大となる。 大分県のCS日出町第二発電所(FIT価格40円、53.4MW、278億円)は、...
デジタル/スマートシティ

コーディアント・デジタル・インフラストラクチャーがロンドン証券取引所に上場

コーディアント・デジタル・インフラストラクチャー(Cordiant Digital Infrastructure)が2月16日、ロンドン証券取引所に上場した。投資対象は英国、欧州、米国などのデータセンター、移動体通信基地局、ケーブルといった...
タイトルとURLをコピーしました